03-6321-4087
※ 受付時間 10:00~19:00(月曜~金曜)土曜・日曜・祝日・時間外も事前連絡にて対応します。

あんしんお悩み解決帳

 皆様の中にはペットを飼ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?ペットって可愛いですよね!一緒にいると本当に癒されます。ペットがお好きな貴方は犬派ですか?それとも猫派ですか?ひょっとしてカメレオン派だったりして(笑)。うちにもチワマルの竜ノ介2歳がいて、私が帰宅するとじゃれついて側を離れようとしません。本当にやんちゃな小犬です。でもそんなひと時に幸せを感じたりするのですよねぇ。ペットは貴方にとって大事な家族であり、生涯の伴侶であっても、日本の法律では「物」として扱われます。「でも命があるのだから物じゃないでしょ?」貴方がそう言われるのももっともな話です。昨今話題のペット飼主老後問題ですが、自分が他界した後にペットの将来を法的に守る方法を真剣に考える方々が増えています。私の事務所に遺言作成でご相談に来られる方々も、ペット遺言やペット信託等をご検討される事が多くなりました。でも全ての飼い主とペットの問題を解決し得るような方法はありません。それは飼い主とペットを取り巻く状況や諸条件が、ひとつとして同じものがない事に起因していると思われます。そこで本日はペットを取り巻く基本法律である民法について一緒に考えてみましょう。

 民法では「権利の主体と客体(目的物)」という考え方をします。契約を結ぶといった権利の主体となる者〔法人・自然人〕と契約などで売買や賃貸の対象〔客体〕となるものという考え方です。そしてこの客体を目的物〔有体物〕、つまり「物」と呼んでいます。「物」は不動産と動産に分ける事が出来ますが、ペットの犬や猫は動産にあたります。つまり犬や猫は契約等の目的物にはなり得るのですが、権利の主体〔法人・自然人〕にはなることが出来ないという事なのです。以上の理由により、日本ではペットに財産を直接相続させることは原則できないのです。そこがアメリカ法等と違うところですね。アメリカでは被相続人の遺言書により、2008年ニューヨークでマルチーズのトラブルちゃんが14億円(1,200万ドル)を相続したり、2010年にフロリダでチワワのコンチータちゃんが31億円(4,000万ドル)の遺産を巡って裁判に巻き込まれたりしたようですが、日本ではペットは「物」である為、原則このような問題は起こらない訳です。うちの竜ノ介にはこのような相続問題は、まったく縁がないという事だけは間違いないですね(笑)。 如何ですか、少し難しかったでしょうか?次回以降数回に渡って、具体的にこのペット飼主問題を掘り下げてみたいと思います。

 ある大手デベロッパーの取締役からメールを頂いたのは、昨年の秋の事でした。「最近遺言に関心を持つ方が増えてきた様です。大切なお客様向けに遺言セミナーをして欲しい。内容はお任せ致します。」という内容でした。この会社様とは以前ビックサイトで「住まいの耐震博覧会」開催時にも講師のご依頼を頂き、3回セミナーをさせて頂きました。その後とても良いお付き合いをさせて頂いております。私はご参加される方の特徴をお伺いし、イメトレした上でタイトルを「ユイゴンを書く事は生きる事 遺言書の書き方」としました。あんしんステージ法務・福祉事務所は『9マスユイゴン』という独自の商品を持っています。これは曼荼羅シートにユイゴンを書くもので、人生の棚卸しと脳内整理が簡単に出来る便利ツールです。私のセミナーに参加される方々は皆様一時間程度で気軽にユイゴンを書く事が出来るのです。この『9マスユイゴン』を考案した目的は、日本人の遺言に対するイメージを180度変えたかったからです。遺言ってとっても素晴らしいんですよ!今回はその遺言の効用と如何に貴方にとって役立つものなのかを伝える事にしました。私のセミナーの特徴として、楽しくなければセミナーでないという発想があります。「え、遺言が楽しい?」と言われるのですが、本当なのです。そのギャップこそが参加者の皆様の印象に強く残り、新たな人生を拓く切欠になり得ると信じています。

 私は万全の準備を行い、デベロッパー社員の方々のご協力とスタッフの支援により、今年「9マスユイゴンセミナーin鶴見」を3回開催させて頂きました。お陰様でご参加の皆様から大変ご好評を頂き、今感想シートを読み返し、少し涙しています。正しい遺言が皆様に伝わって、ユイゴン伝道師として、この上ない喜びを噛み締めています。ありがとうございます。これからも日本全国に楽しいユイゴンを広めてまいります。どこへなりとも出張致します。楽しく書けるユイゴンを体験されたい方はお気軽にご連絡下さいませ。

 知人の山田様(仮称)から、「大変なことになった。急ぎ相談したい。」と連絡があったのは日曜日の19時頃の事でした。たまたま事務所にいた私はすぐさま山田様の到着を待って、相談をお受けしました。「実は親父が昨年末に亡くなって財産は今私が家族と住んでいる親父の土地建物だけで、現金預貯金は葬儀等で殆んど使ってしまった。妹と弟がいて今までとても仲良くしてきたのだけど、相続となったら2人から財産を3等分して欲しいと申し入れがあったんだ。その要望には応えたいが、かといって現金・預貯金等を相続していないので財産分与にはあの家を売るしかなくなってしまう。なんとか助けてほしい。」

 普段明るい山田様が見せる落胆振りには、心中を推し量るものがありました。山田様が如何にお父様の老後を支えてきたかを知っているだけに、力になりたいと強く感じました。私は山田様の気持ちを受け止め、幾つかの提案をしました。基本的には山田様が現在お住まいの不動産を売却せずに円満に解決し得る方法です。それは生活があっての相続手続きだと考えるからです。しかし相続は争族であるとも言われます。もし法定相続人間で合意に至らなければ、家庭裁判所での調停・和解・裁判にまで発展しかねません。私はいざという時に備えて、山田様の合意を得た上で、サムライファームという我々で創った士業団体の弁護士にも支援してもらうつもりでおりました。

それから山田様とご兄弟の打合せが何度か重ねられました。「ようやく兄弟達もわかってくれました。私の取り越し苦労もあったようです。」と弾んだ調子で山田様から電話を頂いたのは、約2週間後の事でした。私も一時は最悪のシナリオが頭をかすめただけに、ほっと安堵致しました。その後山田家相続手続きは滞りなく行われ、ご兄弟との関係も今迄通りです。今回は山田様の柔軟な対応と人を信じる姿勢に、私の方が大いに学ばせて頂いたと実感した出来事でした。

相談までの4ステップ

お客様
事務所
お問い合わせ
お問合せフォームから必要事項を記入し投稿します。お急ぎの場合はお電話下さい。
事務所から連絡
メール受信を確認次第、当事務所よりメールまたは電話にてご連絡いたします。
事務所へご来所
相談日時決定後、JR大森駅徒歩7分の事務所へお気軽な気持ちでご来所下さい。
相談ステージへ
じっくりとお話しを伺います。迅速・丁寧に対応し誠実に解決に導きます。

START

ON STAGE

※ 当事務所の相談料は、業務依頼のはこびとなった場合は無料です。ご相談のみの場合は、1時間まで7,000円(税別)それ以降10分につき1,000円(税別・端数切上)です。

お問い合わせフォーム

お名前 必須
連絡先電話番号 必須
連絡先メールアドレス 必須
カテゴリ 必須
内容
相続・遺言・成年後見のことなら
03-6321-4087
※ 受付時間 10:00~19:00(月曜~金曜)土曜・日曜・祝日・時間外も事前連絡を頂ければ対応いたします。
あなたのココロに寄り添います
  • 〒143-0016
  • 東京都大田区大森北1-23-3-102
  • TEL:03-6321-4087
  • FAX:03-6362-2954
  • あんしんステージ法務・福祉事務所